「障害者等による情報の取得及び利用並びに意思疎通の手段の確保に関する条例」制定

平成30年3月23日、兵庫県議会初となる健康福祉常任委員会発議の
議員提出条例が制定されました。

兵庫県では、年齢、性別、障害の有無、国籍、文化の違い等に関わりなく、
全ての県民が安心して暮らしながら、一人ひとりが持てる力を発揮し、
元気に活躍できるユニバーサル社会の実現を目指しています。

情報通信技術が普及した現代社会において、「情報」が人々に与える影響は大きく、情報を容易に取得できない、意思伝達に支障をきたしている県民の支援が急務であります。
障害等により情報弱者となっている県民に対して、情報取得の手段を保障することは、障害者等の自立を促すだけでなく、全ての県民の情報保障にもつながります。多様な意思伝達手段の保障は、安心・安全な暮らしに直結します。
さらに、情報を取捨選択し自己決定を行うことは、人間の尊厳を重んじることであります。県民誰もが、単に社会に参加するだけでなく、自己決定により能動的に参画できる社会実現のため、本条例を制定するに至りました。
兵庫県政150年の記念すべき年、最初の定例会において、兵庫県議会初となる常任委員会発議の議員提案条例を全会派一致で制定されることは、兵庫県議会での信頼を県民より取り戻すことを大きな共通の目標と掲げ、県政推進、議会改革、常任委員会活性化のため取り組んで来た県議会での大きな一歩を印したものと確信しております。

合わせて多くの県民が望んでいた兵庫県でのヘルプマーク採用も実現しました。

 

 

 

 

 

 

当条例の通称が公募され「ひょうご・スマイル条例」に決定しました。

カテゴリー: 条例制定 | コメントする

平成30年度予算特別委員会

平成30年度予算特別委員会で質問をいたしました。

【予算特別委員会 企画県民部①】
1 Net119緊急通報システムの導入促進について
2 舞台芸術の振興について
(1)舞台芸術を担う人材育成について
(2)舞台芸術発展へ向けた取り組みについて

【予算特別委員会産業労働部、労働委員会】
1 ユニバーサル社会構築に向けた産業労働部の取組について
2 障害者雇用率向上へ向けた県の取組について
3 保護観察対象者等就労支援プログラム事業について
4 刑務所出所者に対する就業支援について

【予算特別委員会 公安委員会】
1 虐待死ゼロに向けた警察の取組について
2 青少年健全育成を目指す警察の役割について
3 性犯罪厳罰化への対応について
4 被害者支援について

【予算特別委員会 農政環境部】
1 温暖化からひょうごを守る緩和策の推進について
2 県産木材の新たな分野における利用促進について
3 カワウ対策について
(1)県計画の策定について
(2)先端技術を用いた対策について
4 水産業における先端技術の活用について
5 鳥インフルエンザの発生予防とまん延防止へ向けた取り組みについて

【予算特別委員会 教育委員会】
1 地場産物を活用した食育について
2 地域と連携した教育について
3 入学試験における出題ミス防止について
4 「命を大切にする教育」について

こちらから動画を見ることが出来ます。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

第339回定例会で質問をいたしました。

第339回定例会で質問をいたしました。
質問項目は以下の五つです。

1 ユニバーサル社会構築へ向けた具体的な施策について
2 私立高校での障害のある生徒の支援について
3 がん対策推進における県立病院の役割について
(1)県立粒子線医療センターの健全経営について
(2)県立こども病院の取組について
4 建設産業におけるICT等の新技術の活用について
5 再犯防止に向けた、さらなる兵庫県の取組について

こちらから動画を見ることが出来ます。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

第335回定例会で質問をいたしました。

第335回定例会で質問をいたしました。
質問項目は以下の五つです。

1 兵庫県版小児地域包括ケアシステムの確立について
2 虐待死ゼロに向けた取組について
(1)健康福祉部の取組について
(2)警察の役割について
3 県立こども病院等における緩和ケアの充実について
4 障がい者雇用促進について
5 再犯防止対策の推進について

こちらから動画を見ることが出来ます。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

第329回定例会で質問をいたしました。

第329回定例会で質問をいたしました。
質問項目は以下の五つです。

1. 栽培漁業の推進について
2. 向精神薬等の重複処方に対する適正受診指導について
3. 動物愛護推進・殺処分減少に向けた取組について
4. 難病患者の方のQOL の向上について

こちらから動画を見ることが出来ます。

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

健康福祉・文教常任委員会の活動紹介

警察常任委員会の活動紹介のインタビュー動画がアップされました。
動画の視聴は下記リンクから
健康福祉・文教常任委員会の活動紹介

カテゴリー: 委員会の活動紹介 | コメントする

警察常任委員会の活動紹介

警察常任委員会の活動紹介のインタビュー動画がアップされました。
動画の視聴はこちら

カテゴリー: 未分類 | コメントする

第322 回 定例会:質問3-3 退所児童に対する就業支援とアフターフォローについて

 

 

 

 

 

 

 

次は、退所児童に対する就業支援とアフターフォローについてです。

児童養護施設で生活する児童の高校卒業後の動向は平成25年3月では、進学が28.9%、就職が68.9%、その他が2.2%であります。約7割が就職しており、数字を見ると取り立てて問題は無いように感じますが、3人に1人が発達障害等により特別な支援が必要である事を考慮すると、長く就業を続け自立、自活しているとは推測し難く、支援が重要であると考えます。

続きを読む

カテゴリー: 定例会 | コメントする

第322 回 定例会:質問3-2 就学前児童等に対する学習支援について

 

 

 

 

 

 

 

次は、就学前児童等に対する学習支援についてです。

現在、健康福祉常任委員会では「子どもの貧困対策の推進について」を特定テーマとして取り組んでいます。子どもの貧困は世代を越えて連鎖を呼ぶ特性があると言われており、解決へ向けては大きな壁をいくつも乗り越えなければなりません。その最初の一歩となるのは言うまでもなく教育であります。

続きを読む

カテゴリー: 定例会 | コメントする

第322 回 定例会:質問3-1 発達障害・被虐待児等に対する支援について

 

 

 

 

 

 

 

まずは、発達障害・被虐待児等に対する支援についてです。

文部科学省の調査では、全国公立小中学校の通常学級に在籍する児童生徒のうち、人とコミュニケーションがうまく取れないなど、発達障害の可能性のある小中学生が6.5%に上ることが分かりました。推計で約60万人に上り、40人学級で1クラスにつき2、3人の割合になります。

続きを読む

カテゴリー: 定例会 | コメントする